AGA・薄毛・育毛・発毛の治療は日本医療毛髪再生研究会認定医院の帯広中央クリニック

日本医療毛髪再生研究会 認定医院

tel:0120441182
  • 無料相談メール
  • 診療・予約メール

帯広中央クリニック AGAサイト ホーム > 脱毛症の原因

脱毛症の原因

AGAの原因についてご説明します。

脱毛症の原因

脱毛症には様々な原因があり、原因により治療法も異なります。
AGAは主に男性ホルモンの毛髪への影響と毛周期の乱れによるものです。

男性ホルモンの影響

男性ホルモンの影響

AGAの主な原因は、男性ホルモン(テストステロン)です。
毛髪や皮脂腺に存在する「5α-リダクターゼ」という酵素の働きによりテストステロンは「DHT(5α-ジヒドロテストステロン)」に変換されます。
DHTは毛乳頭内の受容体と結合して、発毛や育毛の機能を低下させます。

遺伝

遺伝と脱毛

AGAは両親から受け継いだ様々な遺伝子が関与していると考えられています。主にAR(男性ホルモン受容体)遺伝子が脱毛に関係しています。この遺伝子はX染色体上にあるため母方の祖父や祖母から受け継がれていきます。しかし、実際は様々な環境因子が影響し合っているため遺伝したからといって必ずしもAGAを発症するわけではありません。
ご希望の方にはAGA(男性型脱毛症)遺伝子検査を行っています。

遺伝子チェック

毛周期の乱れ

軟毛

毛髪は毛周期により成長と脱毛を繰り返しています。
毛周期には、毛髪が成長する「成長期」、抜ける準備をする「退行期」、毛髪の成長が止まる「休止期」があります。
このサイクルが乱れるとAGAを発症します。

AGA

AGAの場合、成長期が短くなることにより髪の毛が太く成長する前に抜けてしまいます。また、十分に育たないので、細く短い髪の毛が多くなると薄毛が目立つようになります。さらに休止期が長くなると新しい髪の毛が減少し薄毛が進行します。しかし、毛乳頭自体は残っていますので、治療により発毛・育毛の機能を改善させることができます。

ストレス

ストレス

ストレスは一定に保たれている生体のバランスが崩れた状態です。過度のストレスは自律神経のバランスを脅かすため毛乳頭までの血流が低下し毛髪の栄養状態が悪くなります。また、ホルモンの影響により血圧や血糖値を上昇させ、免疫機能の低下をもたらします。
ストレスは脱毛だけでなく様々な疾患の原因となります。薄毛を気にすることが強いストレスとなりAGAを進行させてしまう場合がありますので、一人で悩まずに早めに専門医に相談しましょう。

生活習慣

食生活や運動習慣、睡眠、喫煙、飲酒等の生活習慣は、その脱毛症の発症や進行に関与しています。
生活習慣は、脱毛症だけでなく脳血管疾患や心臓疾患、がんなど様々な疾患の起因となります。
当院では、カウンセリング時に生活習慣の指導も行っております。

髪の毛のお悩みは専門医にお任せください

髪の毛のお悩みは
専門医にお任せください
〜 日本医療毛髪再生研究会 認定医院 〜
tel:0120441182
  • 無料相談メール
  • 診療・予約メール
帯広中央クリニック
北海道帯広市西4条南10丁目34
センターシティ1
JR帯広駅北口より徒歩5分
アクセス(専用駐車場あり)
ページの先頭へ

COPYRIGHT (c) OBIHIRO CHUOH CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.