外用薬・育毛剤による治療ミノキシジルによる治療についてのご案内

ミノキシジル/髪を太く育てる・血行促進

*
  • ミノキシジルを5%配合した外用医薬品(塗り薬)です。
  • ミノキシジルの毛根に作用し髪の成長を助け、血流を改善します。
  • 外用薬成分はアメリカFDAの認可を取得しています。

ミノキシジルは、もともと高血圧治療の血管拡張剤として使用されていた成分ですが、後に脱毛症を改善させる効果が認められたため、世界で初めて認可された脱毛症の治療薬です。
アメリカやヨーロッパをはじめ世界90ヶ国以上で承認されています。ミノキシジルは男性だけでなく女性にも使用が可能です。ミノキシジルは、日本皮膚科学会の男性型型脱毛症診療ガイドラインにおいても推奨度A(行うよう強く勧める)と評価されています。

ミノキシジルの使い方

  • 1日1~2回、1回につきキャップ大のフォームを気になる部位の頭皮に直接擦りこむようにマッサージを行いながら塗布して下さい。
  • 用法・用量の範囲よりミノキシジルを多量に使用しても、あるいは頻繁に使用しても効果はあがりません。
    定められた用法・用量にてご使用ください。
  • ミノキシジルは通常3ヶ月以降から効果を実感が得られます。

ミノキシジルの作用メカニズム

  • 毛髪の細胞増殖
    ミノキシジルが毛髪の細胞に増殖作用を示すことと種々の非毛髪組織細胞に対しては逆に弱い細胞増殖の抑制作用を示すことが確認されていますが、毛髪組織に特異的な細胞増殖促進作用の理由は現在不明なままとなっています。
  • 血流の改善
    ミノキシジルは血管を拡張する作用があります。毛包は血管に囲まれており、毛乳頭には血管が入り込んでいます。このミノキシジルによる毛組織血管の拡張作用による血流改善効果が期待されています。
  • 毛髪細胞のアポトーシス(死滅)抑制
  • プロスタグランジン産生
    ミノキシジルは毛髪組織においてプロスタグランジンE2の産生を促進します。プロスタグランジンE2は、IGF-1の産生を促進をするとされており、これが育毛効果を示すという報告もあります。

ミノキシジルの有用性

ミノキシジルの外用は、日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」にも推奨度Aとして使用が強く勧められています。
日本国内では、1%および5%ミノキシジル液を用いた、300名の男性被験者を対象とした観察期間24週までのランダム化比較試験が行われ,脱毛部1cm2内 の非軟毛数のベースラインからの増加は、1%ミノキシジル群が平均21.2本、5%ミノキシジル群が平均26.4 本と、5%ミノキシジル使用群で有意(p=0.02)に増加が認められています。
また国外ではフォーム(泡)型のミノキシジル使用において、フォーム(泡)型5%ミノキシ ジルを用いた症例数が最も多い352名の男性被験者を対象とした観察期間16週までのランダム化比較試験について、脱毛部1 cm2内の毛髪数のベースラインからの増加は、プラセボ群が平均4.7本だったのに対し、フォーム(泡)型5%ミノキシジルは平均20.9本と有意(p<0.0001)に増加しました。以上からも高い水準の根拠によりミノキシジルの外用が推奨されています。
引用:男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインより一部引用

使用上の注意事項・副作用・リスク

  • 本剤は頭皮にのみ使用し、内服しないでください。
  • 目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。症状が重い場合には眼科医の診療を受けてください。
  • 次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があります。使用を中止し医師にご相談ください。
  • 副作用:
    頭皮の発疹・発赤※、かゆみ、かぶれ、頭痛、めまい、心拍が速くなる、手足のむくみ
    ※頭皮以外にあらわれることもあります。

初診料 5,500

※表示価格は税込価格です。

薄毛・AGAのお悩みは
専門医師にお任せください。

帯広中央クリニック
北海道帯広市西4条南10丁目34
センターシティ1
アクセス

0120-441-182

  • ご予約 無料カウンセリング
  • メール相談
ページの先頭へ戻る