HARG療法/毛髪再生治療HARG療法による発毛治療についてのご案内

HARG(ハーグ)療法/発毛・頭皮環境改善

HARG療法は、医療機関でのみ実施可能な再生医療を応用した最先端の毛髪再生治療です。

*

帯広中央クリニックは、日本医療毛髪再生研究会によって認定された日本国内においてこのHARG療法の検証と施設認定を行なっている医療機関です。北海道では3院が認定施設になっています。道東(帯広・釧路・北見エリア)では当クリニックでのみ施術が受けられます。

約3ヶ月から発毛効果を実感

毛周期により治療開始から通常3~4ヶ月で効果が現れはじめます。
また、抜け毛の原因によっては1回で効果を実感される方もいらっしゃいます。
通常は1ヶ月に1回の治療を6回行い、6ヶ月間集中的に薄毛の治療を行います。

自分の髪を「発毛・育毛・増毛」で取り戻す

HARG療法はカツラや人工植毛とは異なり、自分の髪を増やして行きます。
「成長因子」により発毛を促し、継続して育毛・増毛を促していきます。

HARG療法の安全性

HARG療法は、認定医療機関でのみ施術が行える発毛・育毛治療です。
HARG療法の使用される製剤は、FDA・KFDAの基準に沿った品質管理の元で製造されています。成長因子を使用した治療は2006年にヨーロッパで発表され、それ以降欧米やアジア諸国でスキンケアや薄毛治療に使用されています。

女性の薄毛も治療が可能

男性の薄毛とは異なる原因により起こる女性の薄毛においても、発毛効果がみられています。HARG療法は、男性・女性問わず治療が行えます。

HARG(ハーグ)療法の効果

  • 「成長因子」が毛根(毛母細胞)に直接働きかけ毛髪を再生します。
  • 毛髪の毛周期を正常に戻し、毛髪の再生を促します。

*

HARG療法では、一定期間継続して受けていただくことにより効果が現れてきます。状態により個人差がありますが、約4週間(1ヶ月)おきに3回受けることで毛髪効果を実感していただけます。
確実で持続的な発毛・育毛のために通常6回(1クール)の治療をお勧めしております。

発毛の仕組み

通常は毛周期が定期的に繰り返されることで毛髪の量が一定に保たれています。
しかし薄毛・AGAではこの毛周期において、成長期が短くなり毛髪が十分に育たなくなります。
また休止期が長くなることで、次の新しい毛髪が生えてくるペースが遅くなり、薄毛や禿げといった症状が表れるようになります。

*

HARG療法では毛母細胞を刺激して、毛髪の再生を促すと同時に「毛周期」を正常に戻します。

休止期に入り活動を停止している毛根部分は、毛髪を作り出す細胞が死滅し毛髪を作る機能がなくなっているわけではありません。
HARG療法はこの休止期になっている毛根部分に成長因子を注入する事により、毛母細胞を刺激して細胞の分裂を促します。この作用によりハリやコシのある健康的な再発毛が行なわれ、根元からしっかりと太い髪が増えることで全体のボリュームアップに繋がります。また定期的な注入により細胞を刺激し続け、毛髪の成長サイクルを正常に戻し長期的に毛髪を保つ事が可能となります。

毛髪再生効果の仕組み
~成長因子とは~

HARG療法では毛髪再生に有効な「成長因子」(Growth Factor/グロースファクター)を含んだHARGカクテルを毛根部に浸透させることで毛包を再生させ、発毛を促進させます。成長因子の中でも特に重要なのが「KGF」と呼ばれるもので、毛髪を構成するタンパク質である、ケラチンを作り出す毛母細胞(ケラチノサイト)を直接刺激する働きがあり、発毛に必要不可欠な成長因子です。

*

IGF(インスリン様成長因子)

毛包内の毛母細胞を細胞分裂させ、発毛を促進する効果があります。

PDGF(血小板由来成長因子)

毛髪の成長期を維持するために必要な成長因子です。

bFGF(線維芽細胞増殖因子)

主に血管に作用し、細胞の分化や増殖をコントロールする成長因子。さらに強力な血管新生作用を有しており、頭皮の血流を促進させ毛包内に十分な栄養を補給する効果があります。

KGF(ケラチン細胞増殖因子)

髪の毛や皮膚が形成される際に必要なケラチン生成を補助する成長因子。毛包内に十分なケラチンを供給することにより発毛環境を整えます。

HGF-1(肝細胞増殖因子)

休止期の毛包を成長期へと導く効果があります。

VEGF(血管内皮細胞増殖因子)

bFGFと同じく血管新生作用があります。

TGF β1(トランスフォーミング成長因子)

コラーゲン・フィブロネクチン

SOD(活性酸素除去成分))

HARGカクテルには各種成長因子が多く含まれています。従来の治療法(毛髪メソセラピーや、育毛剤)民間療法(ヘアケア、マッサージ)などと比べ男性、女性ともに高い発毛、育毛効果が発揮されます。今まであらゆる治療を試したが効果がなかったという方でも現在最も効果の高い、最先端治療であるHARG療法で効果を実感してください。

✳︎正規1回料金・トライアル価格は、日本医療毛髪再生研究会で定められております。
治療モニター制度あり。
お気軽にお問い合わせください。

※表示価格は税込価格です。

HARG療法の副作用等の注意事項

副作用

治療後の赤み・膨らみ、過敏症(掻痒感)、アレルギー反応、初期脱毛

HARG療法は、未承認医薬品であるため自由診療となります。HARG療法の製剤は、メトラス株式会社より輸入された製剤を使用しています。
同一成分や性能を有する薄毛治療目的の国内承認医薬品はありません。

日本国内文献

「脂肪由来幹細胞分泌蛋白を利用した毛髪再生治療」『形成外科』第53巻第10号より一部引用:
薄毛、脱毛症の計24人(男性12人、女性12人、年齢27~69歳)に対してHARG療法を4回施行し、患者の満足度を次回の治療時に5段階のvisual analoge scale(VAS)スコアで評価。また医師評価を4回目治療後にVASスコアで行った。治療後、VASスコアは、男女ともに全例において治療回数において増加傾向を認めた。男性においては、前額部の毛髪再生が著明であり、女性では、髪質の改善により頭皮の透見が著明に改善した。また医師総合評価VASスコアは全症例において3以上であり、その平均値は4.25であった。
「幹細胞由来因子の毛髪再生への応用」『形成外科』第55巻第10号より一部引用:
脱毛症の計21人(男性16人、女性5人、年齢27~69歳)に対して、HARG療法による2回施行し、1ヶ月後に治療前後に毛髪本数をトリコグラムで計測した。治療前後の本数の変化を統計学的に検討した結果、有意差を認めた。増加した毛髪本数の平均は31.4本(1㎠あたり)、増加率29%(1㎠あたり)となった。治療後の本数に男女差やプロペシア服用の有無による差は認められなかった。
日本毛髪再生研究会によるHARG療法の
文献リスト

HARG療法の新しい注入法「MEDJET(メドジェット)」

HARG療法は通常、注射器を使い薬剤を直接頭皮にで注入するため、痛みを心配される方もいらっしゃいます。
注射器ではなくダーマローラなどを使用するクリニックありますが、HARGカクテルが毛根の深さまで浸透せず十分な発毛効果を得ることができません。

*

帯広中央クリニックでは、HARG療法による痛みを解消するために、MEDJET(メドジェット)を導入しております。MEDJETは炭酸ガスの噴射による圧力で先端30ミクロン(0.03mm)の穴から薬剤を皮膚に直接浸透させます。針を使わず頭皮への負担を大幅に軽減することで、痛みをほとんど感じずまた出血もほぼなく安心してHARG療法が受けられます。

針を使わない!針を刺さない!
注射針を使わず、ジェット水流で浸透させるため針への恐怖心がありません。
痛みが少ない、麻酔もいらない!
MEDJETは蚊の針をより細い30ミクロン(0.03mm)の水流で頭皮に浸透注入します。
均一注入による、安定した効果!
HARGカクテルの規定量を各部位に均一に注入することができるので、安定した高い効果が期待できます。
短い治療時間!
頭部を消毒した後にすぐに治療が行えるため、短時間での治療が可能となります。

*

HARG療法で使用している注射針は0.26mm。蚊の針は0.06mmです。蚊に刺されても気づかないことが多いですが、メドジェットは更に細い0.03mmで頭皮に薬剤を浸透させるため痛みをほとんど感じずに治療することが可能です。

*

注射による痛みの原因は、薬剤の広がりによる拡張痛が原因です。針による注入は薬剤の拡張圧が続きますが、MEDJETは30ミクロンの水流により、一瞬で細胞間に浸透しますので痛みを感じません。

その他の注入治療

メソライン・ヘア注入療法

*

メソライン・ヘアには毛髪を育てるために必要な成長因子複合体の他に、コエンザイムQ10・ヒアルロン酸・銅ペプチドを含有し、高い育毛・脱毛抑制効果が得られます。

薄毛・AGAのお悩みは
専門医師にお任せください。

帯広中央クリニック
北海道帯広市西4条南10丁目34
センターシティ1
アクセス

0120-441-182

  • ご予約 無料カウンセリング
  • メール相談
ページの先頭へ戻る