内服薬による治療ザガーロ・ミノキシジル・プラセンタ等による薄毛治療

ザガーロ/抜け毛・AGAの進行を抑える

ザガーロカプセル
  • ザガーロはプロペシアに次ぐ、男性型脱毛症(AGA)治療薬です
  • 有効成分「デュタステリド」が男性ホルモンの働きを抑え、抜け毛を抑制します
  • フェナステリドに比べ、抜け毛抑制効果が約1.6倍とされています。

ザガーロについて

ザガーロは、グラクソ・スミスクライン(イギリス)が開発した男性型脱毛症(AGA)に治療薬です。デュタステリドを有効成分としたザガーロは、プロペシアに次ぐAGA治療薬です。
「デュタステリド」はプロペシアの「フィナステリド」と同じく前立腺肥大の薬として開発されましたが、後に毛髪改善の効果が確認されました。
日本では、2016年6月13日から発売が開始されました。

ザガーロの効果・特徴

プロペシアの主成分であるフェナステリドと同様に、抜け毛・AGAの原因となるDHTを生成する5α還元酵素を抑制することで抜け毛を抑えます。
5α還元酵素には、Ⅰ型とⅡ型があり、フェナステリドはⅡ型しか抑えることができないのに対して、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方を抑えることができるので、 プロペシアよりもDHTの産生を強く抑えられることから効果が高いとされていることが特徴です。
ザガーロ0.5mg(デュタステリド)はプロペシア1mg(フェナステリド)に比べて、約1.6倍の効果があると報告されていることで注目されています。
またザガーロは身体に吸収された後、主に肝臓で代謝されます。代謝される過程で半減期と呼ばれる薬の持続期間が、プロペシアの4時間に対してザガーロは、約2週間と長くなっています。そのため、ザガーロはプロペシアに比べてDHTの抑制作用が強いと言われています。

*

ザガーロの服用方法

  • 1日に1回(主成分として0.5mg)内服してください。
  • 成人の男性のみ服用できます。未成年の方にザガーロの処方はできません。
  • 3ヶ月の連続投与により効果が徐々に発現していきます。
    効果が確認できるまで通常6ヶ月以上のザガーロ内服が必要です。
  • 主な副作用として、勃起不全、性欲減退、射精障害、精液量減少等が報告されています。
    このような症状に気づいたら、医師にご相談ください。

ザガーロの有用性について

デュタステリド(ザガーロ)の内服は、日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」にも推奨度Aとして使用が強く勧められています。
デュタステリドは、テストステロンをより強力なジヒドロテストステロン(DHT)に変換する5-α 還元酵素のI型・II型両者に対する阻害剤である。男性型脱毛症に対するデュタステリド内服の有用性に関して、1件のメタアナリシス、3件のランダム化比較試験、1件の非ランダム化比較試験が実施されている。また,女性型脱毛症に対するデュタステリドの臨床試験は実施されていません。
16件のランダム化比較試験を解析した4,950名の男性被験者を対象とした観察期間6~60カ月のシステマティック・レビューにおいて、頭髪写真評価で毛量増加を示した被験者比率を比較したところデュタステリド0.5 mg/日内服群はプラセボ群に対して優れた効果を示しました。男性型脱毛症に対するデュタステリド内服の発毛効果に関して,高い水準の根拠により内服療法を行うよう強く勧められています。他方、女性型脱毛症には内服療法は推奨されていません。
引用:男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインより一部引用

ザガーロの臨床成績

20歳から50歳の男性の男性型脱毛症患者を対象とした、国際共同試験及び国内臨床試験を実施。なお51歳以上の有効性を検討した臨床試験は実施されていない。
■国際共同試験(第Ⅱ/Ⅲ相二重盲検比較試験)
男性の男性型脱毛症患者 917例(日本人200例を含む)を対象とし、ザガーロ(0.02、0.1及び0.5mg)を24週間投与した際のプラセボ及びフィナステリド1mgに対する有効性及び安全性を検証した。
その結果、頭頂部円内(直径2.54cm円中)の毛髪数のベースラインからの変化において、ザガーロ0.1及び0.5mgのプラセボに対する優越性及びフィナステリド1mgに対する非劣性が検証された。
■長期投与試験(国内臨床試験)
男性の男性型脱毛症患者 120例を対象とし、ザガーロ0.5mgを52週間投与した際の安全性及び有効性を検討した。その結果、52週時の頭頂部円内(直径2.54cm円中)の毛髪数のベースラインからの変化量は、68.1本であり改善が示された。
引用:ザガーロ添付文章より一部引用

ザガーロのジェネリック医薬品

020年10月からザガーロのジェネリックとして東和薬品のデュタステリドカプセル0.1mg/0.5mgZA「トーワ」と沢井製薬のデュタステリドカプセル0.5mgZA「サワイ」の製造承認、発売が開始されました。当院では、東和薬品のデュタステリドカプセル0.1mg/0.5mgZA「トーワ」をお取り扱いしています。
東和薬品のザガーロは、シート包装の他にボトルタイプもあります。ボトルタイプは、従来の外装が大きかったザガーロに比べて保管や携帯性が向上しています。またカプセルタイプから錠剤タイプになり、粒の大きさも全長19mmから15mmになり飲みやすくなりました。

ミノキシジルタブレット/髪を太く育てる・血行促進

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットの主成分は頭皮の血行促進・育毛治療で広く使用されている「ミノキシジル」。毛細血管から毛髪に十分な栄養素が運ばれるようになります。
この内服タイプは外用タイプのミノキシジル配合の薬剤に比べ、吸収率が高く、より効果が期待できます。

ミノキシジルの服用方法

  • 1日に1回内服してください。
  • 成人の方のみ服用できます。未成年の方にミノキシジルの処方は行っていません。
  • 3ヶ月の内服継続により徐々に効果が得られます。

ミノキシジルの注意事項・副作用・リスク

  • 効果を実感できるまでに、通常3ヶ月以上の内服が必要です。
  • 他に服用しているお薬がある場合は、ミノキシジルと併用できないことがあります。
  • 副作用:多毛症・動悸・めまい・一時的な血圧低下・手足のむくみ・初期脱毛

プラセンタ/代謝促進・栄養補給

プラセンタ

プラセンタ療法はヒトの胎盤から抽出された有効成分(細胞増殖因子)や様々な栄養素により細胞の新生や再生といった細胞レベルでの若返りと修復を行います。またホルモンバランスや免疫システム全体のバランスを調整・回復します。アンチエイジング(抗加齢)・美肌・薄毛などの若返り、慢性疲労、滋養強壮、不眠などの症状改善に使用されています。

帯広中央クリニックでは日本製のヒト胎盤(ヒトプラセンタ)を使用した内服薬「ピュアプラセンタD.R.」を処方しています。

トプラセンタは医療用医薬品にのみ使用が認められており、市販されている健康食品や化粧品のプラセンタにはブタやウマのプラセンタが使用されています。プラセンタエキスの由来や抽出方法により安全性が異なりますので、安全性の高いプラセンタエキスの使用をお勧めします。

初診料 5,500

※表示価格は税込価格です。

ニセモノに注意
プロペシアやミノキシジルのなどの医療用医薬品のニセモノは製薬会社以外の所で作られており、安全性が確認されていません。ニセモノの主な流通経路は、インターネットなどでの個人輸入によるものであると考えられ、ニセモノを服用した場合は思いがけない健康被害が発生する可能性があります。ニセモノを服用しないために、厚生労働省の「医薬品の個人輸入に関する注意喚起について」に基づき、医療機関を受診し、医師の処方により正しく服用することをお薦めします。

遠方からお越しの方へ

薄毛・AGAの治療は基本的に1ヶ月や1回の治療で効果が得られるものではなく、ある程度の治療期間が必要です。

当クリニックには帯広近郊だけなく、釧路や北見・網走・根室などからも多くの方がご来院されています。ご遠方になると仕事などでなかなか通院できなかったり、冬期には移動自体が難しくなります。

帯広中央クリニックではミノキシジルやプロペシア等のお薬の処方に関して、皆さまの通院の負担が少なくなるように3ヶ月や6ヶ月分をまとめて処方することも可能です。
HARG(ハーグ)療法などの毛髪再生治療は、1ヶ月に1回の通院が必要になります。

遠方により薄毛・AGA治療をお悩みの方、まずはお薬から初めてみてはいかがでしょうか。

薄毛・AGAのお悩みは
専門医師にお任せください。

帯広中央クリニック
北海道帯広市西4条南10丁目34
センターシティ1
アクセス

0120-441-182

  • ご予約 無料カウンセリング
  • メール相談
ページの先頭へ戻る